いつの間にか抱えたストレスの解消方法

ストレス解消についてです。ストレス自体が人によって違う様にその解消方法も人によって違います。
これがストレスですというように原因が決定しているならそれを避けるか、その瞬間癒すかして対応すれば良いと思いますが、私の場合は忙しい毎日の積み重ねでストレスになっているらしく、コレだという原因もわからなければいつからストレスをかかえているのかもわからない状況です。

毎朝早く起きて家事をこなし、化粧もそこそこに出て子供預けて、仕事して、夕方子供をお迎えに行って帰宅したらまた溜まった家事をこなし自分の体のケアもそこそこに寝て、という生活が何年か続き、気がつけば子供が小学生になり、今度は子供が自分の夢を叶えようと頑張っているので保育園の送り迎えが練習や塾の送り迎えに変わり、ずっと何年も同じサイクルでバタバタと毎日を送っています。たまにどっとストレスを感じる時があります。
夜眠れなくて何度も起きるようになると、ストレス来たな、のサインです。食欲もなくなり甘いものやお菓子が食べたくなります。
サイン来たら私は自然の中に行く様にしています。気がすむまで買い物するとか誰かと話すとかいろいろ試したけど結局疲れるだけでした。家で一人になるのも良いのだけれど、そうするとヤレ洗濯しなきゃとか掃除しなくてはとか動いてしまうのでそれも結局疲れるだけでした。

草っ原でも良いし海や川でも山でも良いのですが、とにかく外に出てただゆっくりしたいのです。なかなか遠くに一人で行く時間を作れないので、海とか山ではなく近くの森林公園に行き、一人そこでずっと読書をします。ただずっとボケーっと何もせず自分に時間を使うのです。たまには本を閉じてただ行き交う人をボケッーと見てます。いろんな人が前を通りいろんな人が笑ったり泣いたり怒ったりするのを眺めています。一日そんな風に何もしないで外にいると夕方また家に帰らなきゃって思う時には「明日からまた頑張ろう」て思えますね。

f:id:tm2106tm:20170704222325j:plain

高級外車ベンツの修理に関して思うこと

私の知人はドイツの高級外車ベンツのマニアがいます。1996年式ベンツと2005年式のベンツ2台を保有していて本当の意味でのベンツマニアだと思います。私もたまに借りて運転をするのですが、乗り心地がとてもよくベンツに1回乗ったらハマってしまう気持ちもわかります。
しかし故障箇所もたまに出てきて特に電装系の故障が多いと思います。ベンツが生産されている国はドイツなのですが、ドイツは寒い地域なので車自体の作りが寒冷地使用になっているところもあり、夏に電装系の故障が多く、2005年式のベンツは買ってまもなく助手席のパワーウィンドウが動かなくなりました。

保証期間内だったので当然無料で治してもらったのですが、保証期間を過ぎると電装系の故障は高く場所によっては30万円を超える箇所もあります。ベンツの故障箇所として多い所はミッションが国産の車に比べて故障が多く、特にATミッションの故障は多いようです。ATミッションをできるだけ長持ちさせるには、ギアチェンジをなるべくしないことです。私の知り合いはギアチェンジを頻繁に繰り返していたために3年でATミッションがだめになってしまって、修理代が50万円かかりました。ドイツ車のATミッションは繊細に作られているそうです。ベンツなど外車修理は専門店で行うことがいいと思います。一般の修理工場ではベンツに合う工具がないために修理がなかなか難しいようです。ベンツ専門のディーラーなどは工具もそろっていて短時間で修理も可能です。

今や、時短ツールの仲間入りをしているかも…

私のパソコンとスマホは、連日大活躍してくれています。最近スマホに変えたのですが、情報収集の効率は驚くほど上がりました。スマホは手のひらサイズのパソコンと同じなので、気になったことや知りたいことがあると、サクッと調べられるようになったのは、最近の私には革命的なことでもあります。さて、そんな私の活用法ですが、情報収集がメインです。頭の中に、調べたいキーワードをストックさせておいて、時間が空くとまとめて調べたりします。さらに、スマホのメモ機能に、覚えておきたいことはその場で入力して、ペーパーレスに努めています。あとは、買い物です。実際、同じ品物でも、地元のお店よりもネットショップの方が安かったりする時もあるので、そういう時はネットで買いますね。

また、時間や心に余裕がないと、お店を見て回るのでしんどい時もあるので、すぐに価格比較から注文までできるネットショップは本当に重宝しています。最近は、大手のネット通販で扱っている古本を買う機会が増えました。古本だと、時間に余裕がないかぎり、余計にお店めぐりは難しいので、助かっています。だから、私のとってのスマホやパソコンは、大切な時短ツールになりました。新鮮な情報が検索ボタン1つでサクサク収集できると、知らなければいけないことも早めに1つずつ解決していく。携帯電話が、ガラケーからスマホに移行してからますます顕著になったのではないでしょうか。情報量とか、表示スピードも上がっているので、実際にスマホを使ってみて驚いています。更に、パソコンで知り得たことは、サイトによっては、そのまま送信ボタンで自分のスマホのメールアドレスに送れるので、これも便利ですよね。出発地と目的地を入力すれば、車での所要時間や電車の乗り換えのこともすぐにわかるサイトがあるので、有効活用するようになりました。最近は、ブログの執筆も、メール投稿機能を使ってスマホから送信しており、隙間時間での記事づくりも軽い気持ちでできるようになりました。せっかく始めたブログなので、新しいオリジナル記事を盛り込んで「育てて」いきたい私のお助けツールです。最近は、日進月歩という言葉のごとく、ネットサイトにはとても便利な機能が着々と盛り込まれていっていると思います。それを発見して使いこなすユーザーが増えたら、サイト側もまた新しいアイディアで便利にしていってくれるのではないでしょうか?「お互い様」のいいお付き合いをしていけたらいいな、と思う今日この頃です。

f:id:tm2106tm:20170608102102j:plain

プログラミングコード無しでホームページを作ってみた

ホームページを作成する。昔ならプログラミングコードがずらっと並んだ書籍やホームページを見たりして必死に独学。そんなイメージでした。

しかし、現在ではホームページを作るのにプログラミングコードの知識が不要となりました。インターネットで「ホームページ 作成」などと検索すると、簡単に自分のサイトを作成できる便利なウェブサービスがたくさんあります。
このウェブサービスの魅力は、グラフィックソフトを扱う様に、テキストや画像、動画やバナーなど各種ツールが自由自在に使える事。そしてクリック&ドラッグという簡単操作で画面上にツールを張り付けていくのです。本当に簡単です。

私もそんな魅力に取り込まれた一人でした。そして、プログラミングコードを勉強する気が起こらなかった私は、早速サイトに登録してその便利なウェブサービスに触れる事になったのです。

なぜホームページを作ろうと思ったのか?

それは自分のアイデアを形にして情報発信するのにこれほど適したツールは無いからだと思ったからです。当時私は、自分の頭の中で温めていたアイデアがありました。それは、インターネットで行うショッピングです。

ショッピングサイトを訪れると、無造作に羅列した商品群と、SやMといった面白みの無いカテゴリー分け。検索ツールなどを駆使してページ内のアイテムは確かに探しやすくなりました。しかし、実際に店舗を訪れて行う買い物に比べ、何かワクワク感が足りません。

そこで、このショッピングサイトに捻りを加え、旅行やアウトドア、ライブやデートなど日常シーンごとに商品をコーディネートして発信しようと思い立ちました。そのアイデアを形にするには、まず「場」が必要になります。私の場合、その「場」こそがホームページだったのです。販売する商品は全てアフィリエイトの商品リンクを適用させます。商品リンクとは、商品の画像をクリックすると広告主のサイトに飛び、そこでユーザーが購入すると、商品リンクを貼った自分にも収入が発生するというシステムです。

現在は既にそのホームページは閉じてしまいましたが、自分の作ったホームページがたくさんの方に見てもらえているだけでも日々の充実の糧となりました。何かやりたい事があって、形にしたいと思っている。そんな方には簡単に作れるウェブサービスがおすすめです。

友人の会社ではは大阪のホームページ制作会社に依頼して作ったそうです。
やはり、商用ホームページはちゃんとしたところに作ってもらった方がいいのかも知れません。
詳細は聞いてませんが、概算で10ページ程のページで費用は30万円、納期は二か月ほどだったそうです。
下記がその制作会社の料金ページです。

https://osaka-homepage.biz/fee.html

道案内ナビをがっつり使用してみての感想

新しく引っ越してきた土地でGoogleのナビを使って移動しているのですが、目的地までの経路が、最短距離で示しているのかもしれませんが、くねくねと道を曲がりながら行ったり、細い道を通ったり、あとは夜は1人で歩いたら危ないような風俗店が立ち並ぶ道に入ってしまったりと悪戦苦闘しています。
確かに直線を進んで角で曲がるより、対角線上に斜めの道があればそっちを選んだ方が距離的には最短かもしれません。しかし、斜めの道ばかり進んでいると頭の中に地図がうまく回しきれず、よくわからなくなってきて帰りの道がまたナビを使わないといけなくなってきます。
最短経路ではなく、安全な道だったり、ずっとまっすぐな道だったり選べるようにして提示してくれたらありがたいと思いました。
もう一つ感じた事は、大きなデパート内でのナビはしてくれないようなので、それもあったら便利だなと思います。デパートの中は改装などが多くて、店舗の位置が変わってしまうのでそれは難しいかと思いますが、広いデパートで特に地下が駅につながっていたりする場所では、迷子になることが多いです。目印があまり少ない地下だからこそ、それに特化した便利なナビがあると良いなと思いました。

あと新しく知った機能のとしては、車で移動する際は、目的地を3カ所くらい設定するとその場所を全部通って、最終地点に到達するような経路はを表示してくれるということです。この機能は知っていないとなかなか使えないですし、車を頻繁に利用して慣れない土地に行く人にはとても便利な機能だと思います。徒歩のルート検索でも、この機能が使えたらさらに便利になるなと感じました。追加して欲しい機能は多々があるのでが、Googleナビがなければもっと不便な生活をしていると思います。ナビがない時代の人たちは、どうやって道を覚えて言っていたんだろうとすごく尊敬します。初めての土地では道案内人のような人が同行して旅をしていたのでしょうか。その案内人の役割を現在はナビが果たしてくれるのですごいなと感じるばかりです。

f:id:tm2106tm:20170410205907j:plain

事故車の買取価格は?

車を運転していれば、少しぶつけてしまったり擦ってしまうことってよくあるのではないでしょうか?動いているのがほとんどですから、いつまでも新車の時のようにピカピカでいることなんてできません。中には事故車になってしまった方もいらっしゃるのでは?実は事故車になることで大きなデメリットが生じるのです。

まず事故車についてご紹介していきますが、実は事故をしたからと言って必ずしも事故車になる訳ではないのです。事故車となるのはあくまで「車の骨格部を直した経歴があるか」という基準です。骨格部と言えば車のフレームに当たる場所なので、ぶつけて大きく凹みを作ってしまったりドアごと変えるようになったりなど大きな事故をした時に直されやすいですね。なので、少し傷がついたり擦ったので直したくらいでは事故車には当てはまらないのです。

もしそれでも大きな事故をしてしまって自分の車が事故車になってしまった場合、大きなデメリットが発生してしまうのは「下取り」、「買取」の時です。実は査定をする時に、事故車かそうではないかをチェックする項目があります。もし現状が修理がされていてとても綺麗な状態だったとしても、事故車と判断された場合には査定の時も買取の時も査定金額が10万から20万は下がると言われています。しかももし事故をしていないと言っても、査定士が見ればどうやって直したかも分かってしまいますので意味がないのです。

一般的に事故車は買取価格が下がる傾向にありますが、人気のある車種、その車の状態によっては高く査定されることもありますので、事故車だからと言って悲観的にならず大切に乗ってくださいね。

子供達が巣立っていくとそれはそれで心配です

今の時代、新卒の学生の初給料は5月に出るらしいですね。私の場合はもう20年以上前ですが3月から働いていて4月は初めての給料が出ました。主人の場合は3月から働いていて、恐らく日割りの給料を3月分だけくれたと思います。3月末までの身分は学生で4月から新社会人という感じです。息子も今年度で家を出て会社の寮へ行くらしく、それから一人暮らしが始まるのですが、自分で決めた道だから悔いはないだろうと思っています。

どうやら従業員は単体で1万人を軽く超えてその他グループですとどれくらいになるのかちょっとわかりません。大きいイコール良い会社とは必ずしも言えませんが、スケールメリットが発揮されるかもしれません。何でも団体割引、大口割引と言った考え方が出来ますので、何をするにも安く設定できると思うんです。当然組合の健康保険で政府管掌の健康保険と違いますから、独自の良いところがあると思います。

別に修士卒で就職するのではないですが学士卒でも研究職として仕事が出来るようです。それは実際に大学で研究をしていたりすると出来るようになってくるのかもしれません。私も主人も文系ですから理工系の勉強は解りませんし、仕事について何か解るかと言うとそれは基本的なビジネスマナーくらいしか教えられないでしょうね。それに院卒の方が良いのか大学卒の方が就職にプラスなのかそれも決まっていません。

大学院卒の人達が良い人生を過ごしているのか、大学卒はたとえ理工系でも文系と同じ扱いを受けて就職に不利となるのでしょうか?細かいことや難しい手作業などはこれからロボットがこなして行って人間は何もしなくてよい時代になるかもしれません。

交渉時に外国語が解れば便利なのでしょうけど、これこそ翻訳ソフトの良いものが出て来るはずです。けれど込み入った話はやはり人間同士ですらすらと処理された方が感情的にも良いだろうし、プログラミングや語学について理解があれば仕事には困らないのかもしれませんね。

f:id:tm2106tm:20170217192927j:plain