読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

費用削減のためにも絵画のリースを上手に活用しましょう

絵画を所有すしているということは、お金持ちで上流階級といった
イメージを人々に与えます。
会社に絵画が飾ってあった場合には、この会社(*^^)vは成功している
だろうなと言うプラスのイメージを与える場合が多いようです。

しかし絵画と言うものは1枚が数十万円~数千万円という価格で
取引されているため(-"-)簡単に新しい絵画を購入するという
わけにもいきません。

特に会社の応接室などに絵画を飾る場合には、絵画購入=経費
なるわけですし、絵画の購入を経費に計上するということは
なかなか(>_<)難しいのではないでしょうか。

そんな時に便利なのが絵画のリースを利用すると言う方法です。
絵画のリースは低予算で始めることが出来ますし、好みの絵画を
リースすることが出来る為、近年利用者が増えている方法です。

購入する場合と比べて大きなメリットがある点は、数ヶ月ごとに
絵画を新しい物にチェンジしてくれるという点です。
リースでは一定期間ごとに絵画を新しいものに代えるシステムを
導入している場合が多いため、春には春に合った絵画を、
冬には冬にぴったりの絵画をリースしてくれます。

このことにより常に新鮮な気持ちで絵画を見ることが出来ますし、
来客が来た場合でも絵画が新しくなっているため与える印象を
変えることが出来ます。

基本的な費用は絵画の種類や大きさ、有名な画家の作品か否かで
変わってくるようです
最も安いコースでは、月額3000円程度でリース可能になっており、
3ヶ月周期で絵画をチェンジしてくれるようです。
もしリース中に絵画を破損してしまった場合にも、
保険をかけてあるため万が一の場合の処置も大丈夫というのも
リースならではの安心できるシステムでしょう。

リース会社によっては月単位での契約が可能になっている場合と、
半年や1年ごとの契約になっている場合があるため、
長期スパンで借りるのであれば年契約のほうが費用が
安く済むでしょうし、テナントで数ヶ月だけ借りたい場合には
月単位での契約が便利だと思います。

経費削減にもなりますから、リースを上手に利用すると
良いのではないでしょうか。