レンタルは今の時代にマッチしている

本来、アニメやドラマや映画などのDVDやブルーレイは、

買って楽しむことが各種エンターテインメント会社を
盛り上げていくことにつながっていきます。

そうして、なるべく買うことでしっかりと利益を会社が

上げていかなければ、エンターテインメント業界の潤いに

はつながりません。

 しかし、もしもDVDやブルーレイを新品で買うとなると、

4千円から5千円、あるいは6千円以上ししてしまうことも

少なくないです。それだけお金がかかってしまうと、

よっぽどお金を稼いでいない限りは、すぐにお金が尽
きてなくなってしまいます。

そこで、便利なサービスがDVDやブルーレイのレンタルです。

レンタルを利用すれば、支払わなければいけない代金を、

新品で買う金額のだいたい10分の1かそれ以下である数百円に

まで落とすことができます。不景気で収入が上がらない状態が

続いているため、数百円払うのも決して楽ではないのですが、

それでも家計を上手くやり繰りすれば何とか捻出できる

金額ですので、そのくらいならばお金を出すことができます。

 そうして、レンタルをしていけば利用した人は多くの

作品が楽しめますし、レンタルに関わっている会社のすべてが、

決して大きい金額ではないかもしれませんが利益を

上げることができます。

 買わないからといって作品の内容が変わってしまうわけでは

ありませんし、ただ単に手元においておけないというデメリットが

あるだけです。しかし、そのデメリットも、また観たくなったら

再度サービスを利用すればよいわけで、それを考えれば大した

デメリットとも言えないのかもしれません。

 このサービスやいまやDVDやブルーレイだけにとどまらず、

CD、マンガ本などはもちろんのこと、着物のレンタルだったり、

ウェディングドレスだったりなど、エンターテインメントだけ

ではなくて衣装などにも広がりを見せています。

 それを考えれば今やこのサービスは、日本経済に大きな影響を

与える中心的なビジネス形態とも言えるのではないでしょうか?

やはり、そのメリットは明らかに利用料金が安くなるという

ポイントにあり、それを考えれば少しでも一般の人が安い料金を

求めるならば、これからもレンタルはもっと拡大していくで

しょうし、さらに多くの人に浸透していくと私は思っています。

f:id:tm2106tm:20141029090256j:plain