読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の歯と遜色のないインプラント治療の素晴らしさ

虫歯等で歯が悪くなると当然その下の歯根にも影響が出てきます。
進行が進むと歯と歯根全体を除去してしまわねばならず、そうなってしまうといわゆる「歯抜け」になってしまいます。
永久歯を失ってしまうと当然のごとく永久にそのまま。

しかし歯が無い状態で長い年月を過ごすと隣り合わせた歯が寄ってしまい、歯全体に歪みが生じてしまいます。
歯は身体のバランスを保つ上でも大切な機関であり、噛み合わせやバランスが崩れると肩こりや頭痛を引き起こしたり各所に支障が出てきます。
ではどのように治療をするのが良いのでしょうか。

差し歯にしたり、ブリッジにするという方法があります。
これらは保険適応内ですので、比較的簡単で安価に出来る治療法と言えます。
しかし最善の方法を選ぶなら、技術の結晶とも言えるインプラント治療を推奨します。インプラント治療は保険適応外の自由診療にあたるため、一般的には高額治療と呼ばれています。
事実、治療には1本20万円以上の費用を要します。

しかしながら差し歯やブリッジと違い、術後の維持やメンテナンス面を見ても半永久的に持つ技術ですので決して高い治療とは言えません。
インプラント治療は無くなった歯根を作るところから始めます。
歯根にあたる土台は奥深くしっかり留められるため、外れたりぐらついたりすることはありません。
その上に義歯を装着するのです。

義歯は上下の歯の型取りをし、周りの歯に合ったサイズで成型されます。
さらには歯の色を合わせます。
色合いというのは個人差が大きくあるものですから、周りの歯に合わせて数多くの色から色合わせを行います。
出来上がった義歯を土台部分に装着し、微調整を行い完了です。
インプラント治療の技術というのは素晴らしく、術後長くても数日間は多少の違和感はあるものの、しばらくすると自分の歯のように自然に馴染んでいきます。

個々に合わせて作られていますから、噛み合わせ等も抜群。
義歯とは思えぬほどの出来栄えに仕上がります。
奥歯の治療などはもちろんですが、笑った時や口を開けた時に見えやすい前歯などの部分にはごく自然に見えるインプラント治療は本当にオススメしたい技術です。

他人に義歯だと気づかれることも無いほど精巧に仕上がりますので満足度は高いものになります。
そしてメンテナンスも自分の歯同様に毎日の歯磨きで汚れを落とすだけ。
気を付ける点としては他の歯同様に歯垢を残さないように丁寧に歯磨きすることを心がける程度です。
半永久的に使え、自分の歯と遜色の無いインプラント治療、長い目でみれば決して高い治療ではない事が分かります。

私の身内の人も最近、和泉市でインプラント治療を受けました
その後は経過も良く、非常に喜んでいます。

f:id:tm2106tm:20160507175641j:plain