読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルニアの治療法について

私は4年前から腰椎椎間板ヘルニアを患っています。重い物を持つ仕事をしていたのですが、コルセットの装着や持つ時の姿勢など特に対策もせず、腰痛が起きても病院にも行っていませんでした。ある日突然今までにない激痛に襲われ、立つことができずその場に倒れ込みました。
レントゲンを撮って腰椎捻挫の診断を受けたのですが、どう考えても捻挫のレベルではなかったのでMRIを撮ってもらい、そこでやっとヘルニアが発覚しました。

私は外科的処置ではなく、保存療法を選択しました。保存療法とは、手術などは行わず、鎮痛薬を飲んだりブロック注射を打って痛みを押さえながら、リハビリをして腰回りの筋肉を作り、飛び出た椎間板が自然と体内に吸収されるのを待つ方法です。鎮痛薬は、ロキソニンとリリカを服用しました。特に痛みがひどい時はボルタレンを飲みました。急性期には試験的に椎間板ブロック注射を打ちました。ブロック注射は主に2種類あります。まずは硬膜外ブロック注射というものを打ちます。これは注射の痛みがほとんどないのですが、そのぶん鎮痛作用は少し低めです。もう一つは神経根ブロックで、これは硬膜外ブロックで効果が得られない場合に打ちます。これは注射の痛みが激しく、整形外科でもっとも痛い治療だと言われています。

実際私が打たれた時も、痛みで泣き喚いた記憶があります。そのぶん効果は高いと言われていますが、鎮痛作用は一過性のものなので、翌日には痛みが戻りました。ブロック注射は根本治療として使うのではなく、痛みの原因を探ったり、急性期の炎症を抑えるために使うそうです。
私はこれらの治療法で、外科的治療をせずに日常生活レベルまで回復させました。すぐに切ってしまわず、自分に合った方法でヘルニアを治療し、元の生活を取り戻してしてもらいたいです。