読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとまず1本だけのインプラントでも効果は得られるだろうか

どこかの歯が1つ失われると、また年をとってしまったと実感するものですが、失った歯の治療法としては人工歯を利用する方法や、入れ歯にするという方法が一般的になっています。
お金をできるだけかけずに噛む力や見た目を取り戻すなら差し歯だったり、入れ歯という選択をすることになってきます。
そんなときに、消耗しないで手入れもそれほどしないで、見た目と実用性を求めていくなら、インプラントを選ぶことでしょう。
未だに1本あたりの値段が高額になっていて、値段が下がることはないのだろうかと希望的観測を持っていても、なかなかそんな気配は見えないようです。
もし1本だけをインプラントにしてみたら、効果はどのくらい得られて、どのくらい生活は変わってくるでしょうか。
1本だけが頑丈であることは、咀嚼する時に他の歯に対する負担を減らすことができるようです。
歯虫歯や老化が関係して、圧力が積み重なって割れたり折れたりするもので、その圧力を減らせることで、周囲の歯を守るということにも繋がっていくと見られます。
金銭的に無理のない範囲で、1本また1本と増やしていけばいいわけで、ひとまず1本だけやってみるということは、かなり歯に対するダメージの改善になってくるでしょう。
最初のインプラントは、前歯にするか奥歯にするかというところで悩みどころですが、ひとまず奥歯を1本やってみることでも、前歯を選ぶことでも、もたらされる効果はある程度大きいものがありそうです。
まずは近くの和泉市でインプラントを行っている歯科で相談したいと思ってます。