美味しいお米が食べたい

f:id:tm2106tm:20150324162055p:plain

美味しいお米が食べたい!

コレ、日本人なら誰でもわかってもらえる、共感してもらえる思いだと思います。

今年は米の値段が下がっているそうで、確かに激安のお米もちらほら見られます。

一度試しに10キロ送料込みで1980円のお米を頼んだのですが……、
うん、お値段のわりには美味しいけど、つまるところお値段相応の味だよね、

という(^_^;)お米でした。

お米の世界でもやっぱり安かろう悪かろうなのですが、それでもそれなりに
食べられるお米なんですよね。
日本で、*1とてもじゃないけど食べられない!
ってランクの米が流通することってありません。

貧しい家庭でコレを買うのは充分「あり」だという値段のお米です。

なんたって、二千円で十キロですよ。

育ちざかりの子どもがいたって、一か月はもちます

そして、米さえあれば、あとは卵かけご飯でも何でもすればいいのです。

しかし……私にとっては「もう少しお金を出していいから
もうちょっと(*^_^*)美味しいお米が食べたい」という味でした。

そして、美味しいお米の代名詞であるのが魚沼産コシヒカリ

 しかしそのお値段はなんと、10キロで5000円から。

 ……お米もやっぱり(^_^;)ブランドなんだなあと感じた瞬間でした。

 そこで少し気になったのが、「魚沼産でも一番高いお米は?」

調べてみると、魚沼産で、更に付加価値をつけたお米として、
「無農薬米」が出てきました。

 お値段何と、\(゜ロ\)(/ロ゜)/10キロで17000円

一瞬ケタを間違えたかと思ったほどのお値段です。

 かたや、10キロ送料込みで1980円のお米
かたや、10キロ送料込みで17000円のお米

 およそ十倍もの価格差です。

お米にかぎらず、付加価値って大事だなあと思わせられた事実です。

魚沼産コシヒカリってだけではここまでの値段は付けられません。

そこへ、さらに、プラスして「無農薬米」という付加価値がついたから
こその値段です。

 確かに安いお米は味も違います。でもお米はお米なわけです。

それなのに、付加価値をつければ安いお米の十倍の値段でも売れるのですから。
もちろん買えるのは相当裕福な家庭だけでしょうが。

 いえ、ここまで別格に高いと、好奇心の方が強いです。

魚沼産コシヒカリ無農薬米……。

さすがにいつもこの値段のコメを買うことはできませんが、
一度ぐらいは(*^_^*)食べてみたいですね。

*1:+_+