読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社設立を果たしたクラスメイトの話を聞いて

満員電車に揺られながら会社へ向かう電車内で、
ふと…
「このまま勤め人で終わってしまうのかな」
と考えたことがありました。
大多数の人は勤め人の人生だと思いますが、
それに対してしょうがないという(ーー;)あきらめの気持ちもあれば、
その反面何か(>_<)おもしろくないという漠然とした不満がありました。

そうして、勤め人としての日々を送っていたとき、
高校生時代のクラスメイトが会社設立を果たしたと
風の噂で聞きました。
そのクラスメイトは生徒会長を務めたこともある人格者で、
その人柄をよく知っている私は「彼ならばそれもあり得る話だな」と、
妙に納得しました。

f:id:tm2106tm:20150121142057p:plain

高校を卒業してからはすでに5年が経っていたころでしたが、
まだまだ若いのに会社設立をしてしまうなんて
本当にすごいとそのときの私は思いました。

そんなクラスメイトの話を聞いてからは、心の片隅に
「いつか自分も独立を」という気持ちが芽生えていました。
それは、明らかにクラスメイトから触発されたことによって
わきおこった感情でした

ただ、すぐに会社を(>_<)辞めることなどできず、
結果的には勤め先を転々とし今はフリーランスの仕事をしています。
そういう人生をたどったのはあのときクラスメイトが
会社設立した
という知らせを聞いたのが間違いなく影響していますし、
その選択に(-"-)後悔はしていないです。